監理技術者とはどんな仕事ですか?職業として安定していますか?

施工管理技術者とは別に、監理技術者という職業があります。

一体どのような職業なのか、将来性・安定性を含めお話ししておきましょう。

★問題視される日本の建築現場・技術の向上。

監理技術者とは、日本の建設業において現場レベルの技術的水準をハイレベルに保つため、設けられた職業の1つです。

日本の建築物の品質は世界トップレベルとされてきましたが、近年では手抜き工事による質の低下が叫ばれるようになりました。

人材不足、外国人労働者の不正就労など背景にはいろいろありますが、そうしたことの解消と相まって、現場での監理の重要性が指摘されるようになりました。

そうした声や懸念に対応したものです。

★ほとんどすべての施工現場に配置される職業。

たとえば下請契約の請負代金が総額で4,000万円を超えるような規模の建設工事については、この監理技術者の設置が義務づけられています。

現場に配置された監理技術者は何を行うのかというと、公共工事、民間工事を問わず、ほぼすべての工事に関する施工計画の作成です。

さらに、工程管理、品質管理、施工現場における不適切な従事者・施工箇所についての指導です。

★主任技術者の資格取得よりも、さらに厳しい資格基準があり、経験はそれ以上のものが求められます。

監理技術者というと聞こえはいいですが、かなりの専門性と経験が要求されるハードな仕事です。

現場に入れば主任管理技術者よりも立場が上になるということからしても、並みの努力ではその仕事を遂行できません。

資格取得の条件の厳しさ、現場レベルでの知識と経験などが必須。

安定も将来性もありますが、気軽な転職意識だけでは叶えられません。